HOME > インターンシップ 募集要項

募集要項

インターンシップ 募集要項

細見工業のモノづくりの魅力をぜひ味わってください。
インターン自習期間には、実際に現場で活躍しているエンジニアたちと一緒に働いてもらいます。
実際の仕事の一端を体験していただくことで、細見工業のこだわりや魅力を直に感じていただけると幸いです。

実習要項

職種 営業推進補助
    → お客様との打ち合わせ同行、設計図・製作図の作成補助 など
製作補助
    → 工場で製作している製品の製作補助、製品搬入等への同行 など
  ※両方をご希望の相談も応じます。
勤務地 本社/東京都葛飾区小菅1丁目11-20
交通 ■東武スカイツリーライン「小菅」駅より徒歩10分
■東京メトロ千代田線・JR線「綾瀬駅」より徒歩15分
■京成線「堀切菖蒲園駅」より徒歩15分
受入期間 随時募集中(ご希望の時期に合わせて約10~14日間)
※日数の相談にも応じます。
勤務時間 9:00~17:45
実習内容 1、業務説明
 ・業務の流れの概略をご説明します。
 ・社内の各部署の役割について。

2、実務体験
 ~いままではこんな体験をしてもらいました~
  ・取引先打ち合わせへの同行
  ・協力会社への材料の引き取りなどへの同行
  ・CADを使った設計体験
  ・工場内軽作業体験
  ・溶接機等を使った製作体験
  ・実際に施工中の現場への見学
  ・過去の物件等のデータファイリング
※インターンシップの時期と期間によって内容は変わります。
資格・対象 短大、専門、高専、大学、大学院を、2018年3月・2019年3月卒業見込みの方。
※既卒の方も相談に応じます。
応募方法 お電話または下部にあるメールフォームよりご応募ください。
応募のご連絡後、履歴書をご郵送ください。到着後、こちらよりご連絡致します。
報酬・交通費 交通費:実費支給 (1日2,000円まで)
備考 ご希望の職種、期間によっては安全靴が必要になります。
作業着の貸し出しは行っていますが、安全靴の貸し出しは行っていません。
各自でのご準備お願いします。
(学校で使用している作業着等がありましたら、持参お願いします。)
お問合せ インターンシップに関するお問合せのある方は以下に表記のお電話、または
メールフォームよりご連絡ください。
 TEL:03-3838-2121
細見工業㈱ インターンシップ担当まで
(※お電話でのご連絡の際は、「ホームページを見て」とお伝えください。)

受入実績

学校名 ● 日本大学
● 湘南工科大学 工学部
● 芝浦工業大学 工学部
● 東京工科大学 デザイン学部
● 東京都立産業技術高等専門学校 ものづくり工学科
● 東京工芸大学
● 駒澤大学
● 国士舘大学
● 金沢大学 人間社会学域
● 東洋大学 哲学科
● 大正大学 表現学部
● 浦和大学

実習風景


実習風景01   実習風景02

 実際に納品する製品の加工作業をしてもらいます。


 
実習風景03   実習風景04

 工場内の機械を実際に使っていただきます。


 

 事務所内での軽作業もあります。

実習風景05  

●その他、協力会社様への同行や、打ち合わせへの同席など、その時の状況に合わせて実習内容を組んでいきます。

●実習を通して金物を使用したモノづくりの面白さを知っていただきたいと考えています。


 設計ソフトの体験もできます。

 

《参加した実習生の感想》


アイコン01

湘南工科大学

工学部 3年生

インターンシップは自分が学んできたことがどのように仕事の中で活かされているかが近くで見られたり、実際に体験をすることができました。

インターンシップの学生である私に、実際の製品の製作を任せてくださったことはとても貴重な経験だと思っています。


アイコン02

東京工科大学

デザイン学部 3年生

一人ひとりが自分で考え仕事をし、そしてその仕事にやり甲斐、誇りを感じているということを至近距離で感じることができます。

自分の中での仕事観というものをより具体的に考えられるようになってきました。


アイコン03

芝浦工業大学

工学部 4年生

施工した博物館へ展示ケースの出張メンテナンスに同行させて頂きました。営業していない時の博物館へ入るのが初めての体験だったので、
とてもワクワクしました。工場というとなんとなく怖いイメージがありましたが、細見工業の皆さんに親切にして頂いて、参加前の不安や緊張などは初日に吹き飛んでしまいました。


アイコン04

某高等専門学校

工学科 4年生

この実習でモノづくりのおもしろさを知ることができました。同時に、精度の高いものを作り上げるには、多くの手間と時間がかかっているということを改めて知りました。
初めて触る機械での作業でしたが、社員の人が安全で上手な作業の方法を教えてくれたので怪我なく簡単に作業できました。


アイコン05

金沢大学

人間社会学域 3年生

社員の方の社外の仕事に同行したり、事務所内での仕事など、様々な体験をさせていただきました。

他にもディスプレイ業界のことや、ケース、金物加工のことについて説明をいただき、この業界への関心が更に深まりました。

お問い合わせフォーム