HOME > 会社案内|会社沿革

会社案内

会社沿革

1972年 有限会社細見工業として、船の科学館展示室の装飾金物の受注をきっかけに、ディスプレイ業界において本格的に装飾金物の制作を始める。
1975年 熊本県立美術館の展示ケースの金属工事を受注。
展示ケースの制作を本格的に始める。

沖縄国際海洋博覧会「未来海上都市 アクアポリス」装飾金物工事を受注。
事業の拡大と共に手工業的量産品の制作から単品・特注品の制作への比重が大きくなる。
1981年 本社工場増築(東京都葛飾区白鳥)。
工場を増築した事により、屋外モニュメントなどの大型の製品制作が可能となる。
1985年 EXPO' 85 つくば万博モニュメント、歴史館、アメリカ、集英社館の金属工事を受注。
板金加工製品・展示ケースだけでなく、鋼構造物も取扱うようになり、さらに金属工事の受注範囲が広がる。
1988年 細見工業株式会社を設立 
1991年 本社屋を、現在の小菅に移転する。(東京都葛飾区小菅1-11-20)
前本社工場を倉庫兼アッセンブリー(組立)スペースとする。これにより、本社工場では更なる大型の製品制作が可能となる。
さらに出荷前の仮組み検査(実際に工場で大型製品を組み立てる検査)を行う事により、飛躍的な製品品質の向上が可能となる。
1993年 江戸東京博物館の展示ケース工事・装飾金物工事を受注。展示ケース・造作工事における大型物件の生産体制を確立する。
事業拡大の絶好の機会ではあったが、「会社を大きくすることが目的ではなく、小さな会社で良いから我々にしかできない本当の仕事をしていく」という考え方から、技能の向上に尽力する。
2003年 細見浩司 代表取締役退任
細見大作 代表取締役就任
2005~2011年 ISO9001品質マネジメントシステム認証取得
2008年

葛飾ブランド「葛飾町工場物語」に、展示ケースが認定される。

2011年 ISO9001品質マネジメントシステム認証撤廃
2014年 葛飾区優良工場認定

資料請求、各種見積り・お仕事の依頼に関してのお問い合わせなど下記のメールフォームよりご連絡ください。

電話番号:03-3838-2121

お問い合わせフォーム